• 印刷する

香港を経済自由度評価対象から除外、米財団

米保守系シンクタンクのヘリテージ財団は4日発表した2021年版の「経済自由度指数」で、香港とマカオを評価の対象から外した。香港が評価対象から外れたのは1995年の指数開始以来初めて。官営メディアRTHKなどが伝えた。

ヘリテージ財団は、21年版指数は主権を持つ独立した経済体のみを評価対象にしたと説明。ここ数年の情勢から見て、香港政府とマカオ政府の政策は中国中央政府(国務院)の統制下にあるとみなしたことを明らかにした。今後は香港とマカオの経済自由度は中国の経済自由度評価に含めるとしている。

香港はヘリテージ財団が経済自由度指数の発表を始めて以来、25年にわたって世界トップの地位を維持。しかし20年版でトップの座をシンガポールに明け渡し、2位に後退していた。

21年版のトップは前年に続きシンガポール。中国は160カ国・地域中107位だった。

香港政府の陳茂波(ポール・チャン)財政長官は同日、香港政府の経済政策が中国政府の統制下にあると断じたヘリテージ財団の主張には同意できないと反論。同財団を、「イデオロギー面と政治面で(香港に)偏見を持っている」と批判した。


関連国・地域: 中国香港マカオ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月の失業率6.8% 4期ぶり改善、第4波減退で(04/23)

広東省との通常往来再開へ協議、政府(04/23)

新たに14人感染、域内で2人=計1万1718人(04/23)

アディダス、中環一等地の店舗を閉店(04/23)

輸出商会デザイン受賞作品、限定店で販売(04/23)

新興航空が就航申請、勢力図に変化か(04/23)

空港ラウンジ会社、本土の高速鉄道駅に進出(04/23)

空き家が18年で最多に、ブルームバーグ予測(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン