• 印刷する

ピナツボ火山、警戒水準「1」に引き上げ

フィリピン火山地質学研究所は4日、首都マニラ北方にあるピナツボ火山の警戒レベルを6段階で最低の「ゼロ」から「1」に引き上げた。警戒レベルが上がるのは約25年ぶりとされる。すぐに噴火が発生する状況ではないものの、活動が活発になっているとの見方を示している。

火山活動が活発になっていることを示す複数の地震が最初に確認されたのは1月20~26日だった。地表から深さ15~28キロメートルでマグニチュード(M)1.5~2.8の地震が観測された。その後もM3未満の地震が続いており、現在までに1,722回確認されている。

警戒レベル「1」は火山が不安定な状態を示すが、差し迫った状況ではない。ただ同研究所はクレーターに入る際は特別な警戒が必要と説明しているほか、周辺の自治体には地震や噴火に備えるよう呼び掛けている。

ピナツボ火山は1991年に噴火し、20世紀最大の噴火ともいわれた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インスタグラムの検索機…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

ニッケル大手2社、20年通期は大幅増益(04/19)

家政婦の入境に支障も、労働局長が注意喚起(04/19)

新型コロナ、新たに1万98人感染(04/19)

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/19)

変異ウイルス、新たに642人の感染確認(04/19)

企業優遇法案の細則、来月17日までに策定(04/19)

低炭素社会へ排出75%削減、政府目標(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン