• 印刷する

テイクオフ:マレーシアで新型コロナ…

マレーシアで新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ただ、自分のように健康な一般市民に順番が回ってくるのはまだ先のこと。となると、外出時のマスク着用の義務もまだしばらく続くことになる。

新型コロナの流行で経済活動が縮小し、環境改善につながったとの見方がある。だが、一方で使い捨てマスクが至る所に捨てられていたり、在宅勤務の浸透で宅配サービスの利用が増加し、プラスチック容器の大量廃棄につながったりと新たな課題も生まれている。

普段から再利用可能なマスクを使っているが、ふと考えた。見た目はマスクだが、ハンカチと思ってしまえばよくないか。食事で口元が汚れたり、くしゃみをしたりした際にハンカチのように使い、マスクとしても利用する。帰宅後に洗えばいいのだから。発想の転換で、環境負荷の低減に少しでも役に立てないだろうか。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ビナプリ、ネパール最高裁庁舎工事を受注(18:29)

テイクオフ:日が暮れる午後7時半ま…(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

仕事や教育目的の州間移動、月~木のみ可に(04/21)

新規感染2341人、KLは前日の2倍強(04/21)

RM1=26.4円、$1=4.12RM(20日)(04/21)

新たな投資誘致策、きょう閣議に提出へ(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン