• 印刷する

ハンオンシステム、慶州にEV部品工場建設

自動車の空調システムを手掛ける韓国のハンオンシステムが2日、南東部の慶尚北道慶州市に電気自動車(EV)向け部品工場を着工したと発表した。7月から段階的に生産を開始する。

ハンオンシステムの5カ所目の国内工場で、初のEV向け専用の部品工場となる。敷地は3万3,000平方メートル。EVの主要部品であるヒートポンプモジュールや冷却ファン付きバルブアセンブリなどを生産する計画だ。2024年までにEV30万台分の生産を目指す。

ハンオンシステムはすでに、韓国最大手の現代自動車からEVモデル向けの部品を受注している。新車「アイオニック5」など同社が開発したEV専用プラットフォーム(車台)を適用したEV向けに供給する計画だ。慶州工場は現代自の蔚山工場から20キロメートルほど離れた距離で、円滑な供給が見込める。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、3日連続の700人超(04/23)

LINEバンクが開業、最短6分で口座開設(04/23)

LSとASEAN各国大使、経済協力を議論(04/23)

文大統領「温暖化ガス削減目標を引き上げ」(04/23)

航空業の存続競争、激しさ増す 3月国内線はコロナ禍前の水準に(04/23)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

コロナ新規感染、2日連続の700人超(04/23)

ソウルの学校でPCR検査、5月から実施へ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン