• 印刷する

外国人労働者の検査に助成金、建設業で

マレーシア公共事業省傘下の建設産業開発局(CIDB)は1日、建設業に従事する外国人労働者への新型コロナウイルス感染症検査について、700万リンギ(約1億8,400万円)の助成金を交付すると発表した。中小企業の費用負担を軽減し、検査を加速する狙い。ニュー・ストレーツ・タイムズなどが伝えた。

ファディラ・ユソフ公共事業相によると、CIDBに登録している労働者1人につき50リンギを補助する。CIDB傘下のCIDBホールディングスが、30人以上の申込者がいる建設現場もしくは所定のドライブスルー方式の検査場で、抗原検査キットを使用して検査を実施する計画だ。

外国人労働者の新型コロナ検査には1人当たり100リンギがかかる。CIDBに登録していれば半額が助成されるが、未登録の場合は企業側が全額負担しなくてはならない。

同相は今回の措置で外国人労働者の検査を加速するだけでなく、未登録の外国人労働者の登録が増加することにも期待を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「これからは5G(第5…(04/20)

首都にデータセンター開設へ マイクロソフト、デジタル化支援(04/20)

スタディスト、テマセク系などから資金調達(04/20)

ワクチン計画第2期開始、初日は1万人に接種(04/20)

医療従事者の感染例、ワクチンで10分の1に(04/20)

国際的なワクチン接種証明書を=民間病院協会(04/20)

新規感染2078人、2千人台続く(04/20)

RM1=26.2円、$1=4.12RM(19日)(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン