• 印刷する

LGイノ、車用WiFi6Eモジュール開発

韓国のLGイノテックは2日、世界初となる車両用の6ギガヘルツ(GHz)帯Wi―Fi(ワイファイ)モジュールを開発したと発表した。6GHz帯を含むワイファイ規格は「Wi―Fi6E」と呼ばれ、2.4GHz帯と5GHz帯を使う既存のワイファイに比べ通信の高速化と安定化が見込める。

LGイノテックが開発したモジュールは、マルチメディアコンテンツなどを制御するインフォテインメント(情報娯楽)システムと内部のスマート機器と外部の共有器を連結する部品。データの転送速度は1.2ギガビット毎秒(Gbps)で、既存の5GHz帯と比べて3倍速い。

ネットワークへの接続時間も2ミリ秒(ms、msは1,000分の1秒)と、既存規格に比べて7分の1に短縮した。このため、高画質映像の転送時に速度の低下や切断の心配がない。

同モジュールの搭載で、搭乗者はスマートフォンの映画やゲームなどのコンテンツを車載ディスプレーやオーディオに速やかに接続して楽しむことができるようになるほか、カーナビゲーションのソフトウエアアップデートも素早く行えるメリットがある。

LGイノテックは2022年をめどに同モジュールを商用化し、韓国国内だけでなく北米や欧州、日本、中国の自動車部品メーカーにも供給していく計画だ。

LGイノテックが開発した車両用WiーFi6Eモジュール=韓国(同社提供)

LGイノテックが開発した車両用WiーFi6Eモジュール=韓国(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「韓国とは?」との質問…(04/19)

韓国電池の米国投資が加速 LGが新工場、米中対立追い風に(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

コロナ新規感染、4日連続で600人台(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

ファウンドリー生産額、今年は過去最高に(04/19)

次期首相に金富謙氏が指名、与党内非主流派(04/19)

現代自・起亜とSK、バッテリー共同開発へ(04/19)

現代自・起亜、モビリティー総括部門を新設(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン