ビジーが再生施設に20億$、即時償却を活用

オーストラリアの包装大手ビジー・インダストリーズは、連邦政府の即時減価償却制度を活用し、今後10年間で国内のリサイクル施設に総額で20億豪ドル(約1,650億円)を投資する計画だ。地元各紙が伝えた。 即時減価償却制度では、2022年6月30日までの間、資産を使用した年度におい…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの大学で…(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

混迷する豪中関係、日本はどうする 山上信吾・在豪日本国大使インタビュー(04/19)

自宅隔離でのビジネス渡航が第1目標=首相(04/19)

〔オセアニアン事件簿〕ワクチン接種で女性死亡、政府は計画変えず(04/19)

中古車価格、新車生産復調なら豪で下落確実(04/19)

STエンジ、オーストラリア鉄道市場へ参入(04/19)

対豪外国投資の不確実性、規制強化で倍増(04/19)

〔政治スポットライト〕モリソン政権、女性支持が大幅低下=調査(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン