• 印刷する

テイクオフ:毎年3月といえば、4月…

毎年3月といえば、4月の連休に向けた旅行計画を立てる時期だ。昨年は新型コロナウイルスの感染が拡大し、そんなムードではなかった。手続きは面倒だが今年はどうにかして遠出したいと考えていたら、政府が先月末、国内旅行に必要だったPCR検査の陰性証明や健康証明書などを求めない方針を示した。

だが、手放しで喜べない。需要が一気に高まったのか、ホテルの宿泊料金が急上昇し、移動手段も限られているため足元を見られる。2月から旅行を計画していた友人によると、ホテルの価格差は政府が方針転換する前と比べて2倍以上に跳ね上がった。

状況を把握した人たちは、自宅から日帰りできる観光スポットに出掛ける計画に切り替えているようだ。マニラ首都圏に住んでいると、観光地の取り合いになりそうだが、感染リスクと旅費を考えれば、今年の旅行先は「近場」が現実的といえる。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8122人感染(19:57)

テイクオフ:外出・移動制限措置の長…(04/14)

自動車業界に「三重苦」 コロナで工場停止、輸入車に課税(04/14)

新型コロナ、新たに8571人感染(04/14)

ドコモとスマート、5G国際ローミング開始(04/14)

3月新車販売88%増、前年の反動(04/14)

大統領「病気ではない」、健康問題払しょく(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン