カレン民族、国軍とNLDともに拒否の姿勢

ミャンマー東部カイン州(旧カレン州)を拠点とする少数民族政党のカレン民族同盟(KNU)は、国軍が発足した国の最高意思決定機関「国家統治評議会」(SAC)を政府機関として認めない方針を明らかにした。昨年11月の総選挙で当選した国民民主連盟(NLD)の議員らが設置し…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

国軍トップが首脳会議出席へ、国民は反発(23:07)

拘束者3千人超、市民が青シャツで解放訴え(22:47)

CDMの医療関係者、国軍が旅券失効で圧力(22:22)

シャン州ダム、人権団体が仏社の撤退要求(22:22)

クーデターで対日輸出3割減 政情悪化、打撃拡大の兆し(04/21)

北角さん解放願う声広まる「果敢に取材」(04/21)

「北角さんの即時解放を」記者有志が訴え(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン