• 印刷する

テイクオフ:コロナを常に意識する生…

コロナを常に意識する生活も1年以上が経過した。元々冬場にはインフルエンザを警戒してこまめに手洗いする習慣があり、また大気汚染からマスクも日常的に使用していたため、特に違和感や苦労はない。ただ、いまだに慣れないのがPCR検査だ。

上海で複数回受けたPCR検査は、いずれも鼻腔・咽頭拭い液を用いる方式。のどはまだしも、鼻の奥に綿棒状の採取器具を押し込まれるのは、何度受けても思わず体をのけぞらせてしまう。一方、日本の空港で受けた検査は唾液採取方式だった。ただこれも、事前に水分を取らないよう注意を受ける中、一定量の唾液を容器にためるのに苦労した。

中国では先月末、3、4種目のコロナワクチンが承認された。感染拡大の防止にはもちろんワクチン開発が最優先だが、PCR検査もより簡易なものが出てくるよう、中国が誇る開発スピードに期待したい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海モーターショーが開…(04/20)

EUがインド太平洋戦略、中国にらみ初策定へ(04/20)

日系が新型EVを世界初披露 上海モーターショー開幕(04/20)

原発の発電設備容量、30年に2倍以上に(04/20)

民間ワクチン、4月第4週に到着予定(04/20)

風力・太陽光の電力消費、今年11%目標に(04/20)

興勤電子、中台で生産能力増強方針(04/20)

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(04/20)

携程が香港上場、初日は公開価格の5%高(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン