• 印刷する

電子消費券、財政長官「調整の余地あり」

香港政府の陳茂波(ポール・チャン)財政長官は2月27日に出演したラジオ番組で、2021/22年度(21年4月~22年3月)の予算案で発表した電子消費券の支給計画の詳細について、市民の意見を聞いた上で改めて発表する考えを示した。サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)などが伝えた。

政府は域内の消費喚起策として、18歳以上の永住権を持つ市民らに1人5,000HKドル(約6万8,700円)分の電子消費券を支給する方針。当初の計画では5カ月にわたり毎月1,000HKドル分ずつ支給するというもので、次回分を受け取るまでに1,000HKドルを使い切らなくてはならない。市民からは現金給付にするべきという意見のほか、使用できる期間に制限があることへの不満や電子決済を使える小型店が少ないといった批判の声が出ている。

陳氏はラジオ番組で、計画の詳細は決定事項ではないと説明。支給の回数などは「微調整の余地がある」と述べた。

このほか、電子決済に対応していない店舗のシステム導入を推進するため、電子決済事業者に優遇措置を行うよう促す考えも示した。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政務長官「感染拡大の兆し」 市中で変異株、政府が警戒強化(04/19)

週末3日で65人感染、域内15人=計1万1683人(04/19)

家政婦の入境に支障も、労働局長が注意喚起(04/19)

広東、接種済み越境運転手の感染検査免除へ(04/19)

シンガポール航空、香港への乗り継ぎ中止(04/19)

キャセイの3月旅客94%減、貨物は3割減(04/19)

港湾のコンテナ取扱量、3月は7%増(04/19)

反発、中国GDP伸び最高で買い=香港株式(04/19)

シティ、香港の資産管理部門で500人採用へ(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン