• 印刷する

コロナワクチン2種承認、計4種に

中国国家薬品監督管理局は2月25日、製薬会社の康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)と国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)傘下の武漢生物製品研究所が申請していた新型コロナウイルスのワクチンについて、いずれも同日付で承認したと発表した。中国で承認された新型コロナワクチンは合わせて4種類となった。

カンシノの製品は遺伝子の運び役にアデノウイルスを用いるウイルスベクターワクチン。中国人民解放軍の軍事医学研究院と共同で開発した。カンシノが発表した最終臨床試験(治験)の中間結果によると、1回の接種で4週間後に発症を防ぐ効果は65.28%、重症化を防ぐ効果は90.07%という。中国でこの種類の新型コロナワクチンが承認されたのは初めて。

シノファームの製品は不活化ワクチンで、同社は有効性を72.51%としている。

中国ではこれまでに、シノファーム系の北京生物製品研究所と、製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)系の北京科興中維生物技術が開発した不活化ワクチン2種が承認されている。

中国では医療従事者や高齢者、海外出張者などへのワクチン接種が進められている。中国国家衛生健康委員会によると、9日までに累計4,052万回の接種を完了した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海モーターショーが開…(04/20)

EUがインド太平洋戦略、中国にらみ初策定へ(04/20)

日系が新型EVを世界初披露 上海モーターショー開幕(04/20)

原発の発電設備容量、30年に2倍以上に(04/20)

民間ワクチン、4月第4週に到着予定(04/20)

風力・太陽光の電力消費、今年11%目標に(04/20)

興勤電子、中台で生産能力増強方針(04/20)

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(04/20)

携程が香港上場、初日は公開価格の5%高(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン