• 印刷する

国軍当局、クーデター批判の国連大使を解任

ミャンマー国軍は2月27日、国営テレビを通じ、国連大使のチョー・モー・トゥン氏を同日付で解任したと発表した。同大使は26日に米ニューヨークの国連本部で行われたミャンマーの問題を協議する特別会合でクーデターを批判。国際社会に対して国軍の戦争犯罪や暴力行為の停止と、ミャンマーの民主化に向けた強力な支援を求めていた。

国連の特別会合で演説し、軍事独裁を批判する三本指を掲げるチョー・モー・トゥン氏=2月26日

国連の特別会合で演説し、軍事独裁を批判する三本指を掲げるチョー・モー・トゥン氏=2月26日

国営テレビでは、解任の理由についてチョー・モー・トゥン氏が「国家を裏切り、国連の会議で自身の(国連大使としての)権力を乱用した」と報じた。

同氏はクーデターが起きる前から国連大使を務めていた。自国を救いたいとの思いから26日、国軍の行為を批判して国際社会に強い行動を求める異例のスピーチを行った。

約12分にわたるスピーチで同氏は、「人々に選ばれた国民民主連盟(NLD)政権の代表である」と切り出し、民主的に選出された議員による政府を排除するために、国軍が国民の意思を無視してクーデターを起こしたと述べた。

また、ミャンマー国内で現在、「平和的な抗議を行うデモ参加者が銃撃され、市民不服従運動(CDM)の賛同者、総選挙の当選者が法的根拠なく拘束されている」と説明。「国軍の戦争犯罪や人道に対する罪を容認すべきではない」と非難し、「直ちにクーデターを終わらせ、罪のない人たちへの弾圧を止め、人々の手に国家を取り戻すため、国際社会の可能な限り強い行動が必要だ」と求めた。終盤に独裁への抗議を示す三本指を掲げると、会場から拍手が起こった。

チョー・モー・トゥン氏は、「世界各国にいるミャンマー人に伝えたい」と許可をとり、最後の約1~2分だけをビルマ語に切り替え、「この闘いを続けよう、必ず勝たなければならない」と連帯を呼び掛けた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

CDMの医療関係者、国軍が旅券失効で圧力(18:34)

シャン州ダム、人権団体が仏社の撤退要求(18:36)

クーデターで対日輸出3割減 政情悪化、打撃拡大の兆し(04/21)

北角さん解放願う声広まる「果敢に取材」(04/21)

「北角さんの即時解放を」記者有志が訴え(04/21)

花挿した靴に血のペンキ、続く無言の抗議(04/21)

クーデター後の死者、19日までに738人(04/21)

民主推進派の統一政府、軍が「非合法」指定(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン