カジノの銀河娯楽、20年は赤字40億ドル

マカオでカジノを運営する香港の銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)が2月25日発表した2020年12月期本決算は、純損益が39億7,300万HKドル(約540億円)の赤字だった。前年は130億4,200万HKドルの黒字。新型コロナウイルス感染症の影響でマカオ訪問客が…

関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港島東部の一角に、1…(04/20)

那須高原ビールが香港参入 試飲会を初開催、足利銀が支援(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

新たに12人感染、域内で1人=計1万1695人(04/20)

携程が香港上場、初日は公開価格の5%高(04/20)

続伸、米中株高好感で29000上抜け=香港株式(04/20)

保監局、投資型保険の新商品開発へ(04/20)

〔オセアニアン事件簿〕中国人のビザ申請却下急増、偽造査証も(04/20)

週末の住宅販売、新築は4割増(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン