中国人編集長、虚偽報道で国外退去処分に

カンボジアでオンラインニュースを報道する「アンコール・トゥデー」の中国人編集長が、国外退去処分になった。中国製の新型コロナウイルスワクチンに関する虚偽の情報を伝えたためとされている。クメール・タイムズ(電子版)が2月26日に伝えた。 警察当局は同24日の午後、アン…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 医療・医薬品メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

シエムレアプの一部地区、ロックダウン(04/19)

イオンモールの営業を一時停止、都市封鎖で(04/19)

プノンペン全域都市封鎖、15日から28日まで(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン