• 印刷する

感染対策違反の英国人4人、就労禁止に

シンガポール人材開発省は、新型コロナウイルスの感染防止ルールに違反し、南部沖ラザラス島を観光していた12人のうち、英国人4人の就労ビザを剝奪した。シンガポールでの就労を恒久的に禁止する処分も下した。

12人のグループは2020年8月、当時は6人以上が不要不急の目的で自宅外で集まることが禁止されていたにもかかわらず、ラザラス島を訪れていた。

シンガポールの裁判所は2月24日、英国人4人に対し、それぞれ3,000Sドル(約24万円)の罰金刑を科した。人材開発省は、専門職向け就労ビザ(エンプロイメント・パス=EP)の剝奪と就労禁止を言い渡した。

NNAが人材開発省に確認したところ、当時は12人のうち9人がEP保有者、1人が家族ビザ(DP)の保有者だった。残る2人はシンガポール人と永住権(PR)保持者だ。

EP保有者の残る5人とDP保有者1人については、昨年のうちに恒久的な就労禁止処分を下していた。いずれも当時の雇用主から解雇され、就労ビザ、家族ビザを失ったという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染20人、市中は1人(19日)(17:59)

電動バイクメーカー、運輸大手と販売提携(17:33)

医療テック企業、コロナ禍で急増(17:21)

不動産テック企業、有力法律事務所と提携(16:02)

テイクオフ:新型コロナウイルスワク…(04/19)

3月輸出額、単月で過去最高 非電子好調、見通し楽観視の声(04/19)

豪NZの双方向隔離なし渡航、きょうから開始(04/19)

単純労働者の入国困難、感染対策徹底で(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン