• 印刷する

マ航空、アプリにワクチン接種証明機能など

マレーシア航空(MAB)は24日、新型コロナウイルスが流行する中で安全な空の旅を提供するため、ワクチン接種証明書などの機能を持つ「デジタル・トラベル・ヘルスパス」を導入すると発表した。

ヘルスパスは、国際航空運送協会(IATA)が開発中の「IATAトラベルパス」の一部機能を取り入れるもの。マレーシア航空のスマートフォン用アプリに組み込まれ、▽出発前の公認医療機関での新型コロナ検査の予約▽ワクチン接種証明書の表示▽最新の各国の渡航条件の確認――などが可能となる。

現在は関係当局と協議を進めている段階で、来月以降に詳細を公表する見通しだ。

マレーシア航空の親会社マレーシア・アビエーション・グループ(MAG)のイズハム・イスマイル最高経営責任者(CEO)は「国内外の旅行活性化につなげるため、ヘルスパスを通じて必要な手続きなどを簡単に行えるようにしたい」とコメント。IATAのニック・カリーン上級副理事長(旅行者、貨物、セキュリティー担当)は「IATAのトラベルパスが航空会社のアプリに組み込まれるのは画期的だ」と述べ、マレーシア航空の取り組みを歓迎した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

不法就労者の合法化、サービス業に拡大(13:24)

新投資政策NIAを閣議決定 5本の柱、首相主導の評議会設置(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

プロトン、ペラ生産拠点拡張に2億リンギ(04/23)

「世界初」持続可能なイスラム債発行、財省(04/23)

RM1=26.3円、$1=4.11RM(22日)(04/23)

新規感染2875人、クランタン州最多(04/23)

外貨準備高1093億ドル、半月で7億ドル増(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン