新規ODA見直しで動揺も 進出企業、インフラ中心に関与

日本政府が、軍事クーデターが発生したミャンマーへの政府開発援助(ODA)の新規案件を停止する懸念が出てきた。ただ経済的な影響も大きいことから、限定的な見直しに抑えられる可能性がある。ミャンマー国内ではインフラ案件を中心に多数の日本企業がODA案件に携わっており…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴンで邦人連行か、フリー記者北角さん(00:46)

民主派が紙媒体、摘発かいくぐり情報伝達(04/19)

軍トップASEAN首脳会議出席へ、24日で調整(04/19)

ミャンマー正月で恩赦、2万人超釈放(04/19)

民主派の統一政府が発足、国軍統治揺るがす(04/19)

正月も、デモや抗議主導者の拘束加速(04/19)

辺境の医師、反軍の顔に=資金集め奔走(04/19)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(04/19)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン