電子通関システム、23日から本格運用開始

ラオス政府は23日、通関手続きを一本化する電子システム「ラオ・ナショナル・シングル・ウインドー」(LNSW)の運用を本格的に開始した。LNSWは、2019年2月から首都ビエンチャンとタイ東北部ノンカイを結ぶ第1メコン国際橋(第1友好橋)の国境検問所に導入されている。…

関連国・地域: ラオス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染6人、累計88人に(04/23)

首都でロックダウン開始、期間は2週間(04/23)

新型コロナ感染28人、1日当たりで過去最多(04/22)

【ウィズコロナ】アユタヤ銀が日本でQR決済 訪日客の回復見据え、非接触型で(04/22)

首相、ワクチン接種の対象拡大を指示(04/22)

新型コロナの感染2人確認、累計60人に(04/21)

サラワン県、観光施設など一時閉鎖(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン