政策金利0.5%据え置き、不動産の過熱考慮

韓国銀行(中央銀行)は25日に定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年0.5%で据え置いた。金融市場が比較的安定している点や不動産・株式市場が過熱気味である点を考慮し、追加引き下げは必要ないと判断した。 ただ、高まるインフレ圧力にいち早く対応するため、急いで金利を引…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、2日連続で500人台(11:43)

テイクオフ:ソン・ガンホ主演の「タ…(04/20)

テイクオフ:今月14日、ソウル市内…(04/20)

造船受注、1Qは前年比10倍 高付加価値船が伸び世界1位に(04/20)

コロナ新規感染、5日ぶりに600人割れ(04/20)

3月の輸入物価指数、1年2カ月ぶりプラス(04/20)

50年までの炭素中立、43%が「非常に困難」(04/20)

3月のICT輸出8.9%増、10カ月連続プラス(04/20)

マイコン不足、中小企業の生産に打撃(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン