• 印刷する

ストライダーズ、地場不動産管理に出資

不動産や投資事業などを手掛けるジャスダック上場のストライダーズ(東京都港区)は24日、インドネシアで住宅用不動産管理プラットフォーム「トラベリオ」を運営するホリゾン・インテルヌサ・プルサダに出資したと発表した。新型コロナウイルス収束後の成長を見据えた戦略的投資と位置づけている。

シンガポール現地法人のストライダーズ・グローバル・インベストメントを通じてホリゾンの株式を取得した。出資額などは明らかにしていない。業務提携しているインドネシアのベンチャーキャピタル(VC)インドジェン・キャピタルの仲介を受けて出資を実現した。

ホリゾンは2015年にトラベリオの正式運用を開始した。オーナーとテナントそれぞれに向けたアプリを開発し、入居者と円滑につなぐことができるようにした。一般的にアパートメントは年間契約が多いのに対して、トラベリオでは入居者のニーズに合わせて1カ月単位の短期宿泊から年単位の長期入居など、契約内容に柔軟性を持たせているのが特長。若年層からの人気が高く、月間訪問者数は100万人を超えるという。ジャカルタ首都圏や東ジャワ州スラバヤ、西ジャワ州バンドンなど計4,000件以上の物件を掲載している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/16)

3月貿易収支、15億ドル黒字 輸出は30%増、経済回復をけん引(04/16)

グラブが隣国民放に出資、決済2社統合か(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

国際モーターショー開幕、実会場で今年初(04/16)

ツリーレティック、隣国へ電動二輪車輸出へ(04/16)

輸出用石炭の生産量、7500万トン引き上げ(04/16)

物流J&Tがユニコーン入り、国内6社目(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン