• 印刷する

テイクオフ:昔からファッションに興…

昔からファッションに興味があり、自分自身を表現する手段として楽しんでいる。海外のファッションブランドも好きで、米国発の「シュプリーム」はお気に入りのブランドの一つだった。だが、同ブランドは最近、悪い意味でタイで注目されるようになってしまった。

同ブランドがタイで広く知られるようになったきっかけは、今月初めに発売された2021年の春夏コレクション。ジャケットの背部に東北部ナコンラチャシマ県の有名な寺院の護符がデザインとして使用されていたのだ。無断で使用されただけではなく、ブランドのロゴとともに寺院がシンボルとして刺しゅうされていた。

文化を創作活動に取り入れることは斬新でいいと思う。しかし、寺院や護符といった神聖なものをファッションとして扱うのは間違っているのではないか。仏教徒として、今回の騒動を見逃すことはできない。(ビ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染63人、連休前に注意喚起(25日)(02/25)

食品向け紙容器の規格、8月に義務化見通し(02/25)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(02/25)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

1月の生産者物価0.1%低下、下落幅は縮小(02/26)

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン