不動産CDL、深センの工業団地運営社買収

シンガポールの不動産開発大手シティー・デベロップメンツ(CDL)は、中国の深センで工業団地を運営する深セン啓迪協信科技園発展を買収する。買収額は8億5,000万人民元(約138億円)だ。 CDLは、中国の合弁会社シンシア・プロパティー・グループ(協信遠創)と金融大手平…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

農作物商社オラム、20年は増収減益(02/27)

制限緩和の第3期は当面継続、上級国務相(02/27)

フードテックの新興企業、1千万米ドル調達(02/27)

人材省が職場調査を強化、労災事故多発で(02/27)

新規感染13人、全て海外渡航者(26日)(02/26)

大手3行の通期決算2桁減益 貸倒引当金増、見通し不鮮明(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン