• 印刷する

テイクオフ:観光名所のひとつである…

観光名所のひとつであるシンガポール動物園を訪れた。平日の休暇を利用しての国内観光だ。

以前、隣接するナイトサファリやリバーサファリを楽しんだのは数年前、ビフォーコロナの時代である。当時は中国人をはじめとする外国人観光客で大にぎわい、そして大混雑だった。しかし今は、コロナ禍の移動制限下で外国人観光客はいない。聞きなれたシングリッシュ(シンガポール英語)を話す人がちらほらといるばかり。大型バスや列をなすタクシーも見掛けなかった。

一抹の寂しさは感じるが、人混みがないおかげでゆっくりと園内を見て回り、じっくりと動物たちを観察できた。混んでいたらできないであろう、キリンの餌やり体験なども満喫した。人混みが苦手で観光地に行っていない人も、今ならストレス少なく楽しめるのではないか。次はテーマパークにでも行ってみようか。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECラザダと陸運大手、タクシー配車で提携(19:40)

シティの消費者事業、現地2行も買収検討(19:41)

DBS、深セン農村商業銀行の筆頭株主に(19:41)

ホテル大手ファーイースト 、隣国同業と提携(19:42)

テイクオフ:英国の植民地時代からあ…(04/21)

タクシーSMRT、5年で全て電気自動車へ(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン