雇用創出法の細則、レイオフや残業など規定

インドネシアで昨年11月に施行された雇用創出法『2020年第11号』の労働時間と雇用に関する細則の内容が明らかになった。従業員のレイオフ(一時帰休)の要件や退職金のほか、残業時間の延長についても記述がある。 22日のビスニス・インドネシア(電子版)によると、今月2日にジ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テスラ投資提案、現在も協議中=調整相(02/26)

大統領支持率、コロナ長期化でやや低下(02/26)

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

アストラ、20年決算は26%の減収減益(02/26)

UTのコマツ製重機販売、20年は47%減(02/26)

呼気式コロナ検査、4月から空港にも導入(02/26)

メラック港、11月に新たなふ頭を運用(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン