• 印刷する

テイクオフ:春節(旧正月)の帰省を…

春節(旧正月)の帰省を断念した知人がいる。故郷は吉林省の農村部。冬になってコロナのクラスター(感染者集団)が発生した地域でもあり、帰って来るなら出発前と到着後のPCR検査が必須、加えて実家で2週間の実質隔離を求められるとあって、あきらめざるを得なかったという。

失意の彼が休暇中に向かった先は、広州郊外の温泉リゾート。温泉なら吉林にいい場所があるそうだが、帰れないのだから仕方がない。家族とともに故郷で落としてくるはずだったお金を、広州経済への貢献に回した格好だ。

「移動しない春節」がトレンドとなった今年、大都市の高級ホテルや観光地はそこそこの賑わいを見せたと伝えられる。よそから訪れる観光客の減少を現地に残った人たちが補い、都市の経済は潤った。一方で農村部の景気がどうなったのかは、あまり聞こえてきていない。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

郷村振興局が発足、貧困撲滅から振興へ軸足(02/26)

貧困脱却の戦い「全面勝利」 習氏宣言、共産党の功績を強調(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

春節連休は2.6億人が旅行、19年比で2割減(02/26)

地方債の発行額、1月は3623億元(02/26)

博鰲フォーラム4月に総会、2年ぶり(02/26)

吉利とボルボ、エンジン部門統合(02/26)

調達網変更「非現実的」、中国外務省(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン