• 印刷する

雇用創出法の細則51本成立、経済調整相

アイルランガ調整相は、雇用創出法の細則規定について、政令47本と大統領令4本の計51本を成立させたと発表した(内閣官房提供)

アイルランガ調整相は、雇用創出法の細則規定について、政令47本と大統領令4本の計51本を成立させたと発表した(内閣官房提供)

インドネシアのアイルランガ調整相(経済担当)は21日、昨年11月に施行された雇用創出法『2020年第11号』の細則規定について、既に政令47本と大統領令4本の計51本を成立させたと発表した。これらの細則規定はすぐに施行可能な状態だが、今後関係省庁や機関が運用にあたり技術指針を示す見通しだ。

アイルランガ調整相によると、細則規定51本は内容ごとに11分野に分類される。分野別では「事業許可・事業活動」が政令15本と最も多く、「投資」と「建設・住宅」がいずれも政令5本、大統領令1本の計6本ずつでこれに続いた。

アイルランガ調整相は「細則規定には、投資許認可と投資事業分野に関連する手続き簡素化と確実性向上のための変更が盛り込まれている」と述べ、雇用機会の創出や新型コロナウイルス感染症の影響を受ける経済の回復につながると期待を示した。

具体的な変更点として、事業許認可の手続きにおける「リスクベース・アプローチ(RBA)」の導入や、優先事業への投資に優遇措置を付与するポジティブリスト化などを説明した。RBAの導入により、昨年の事業活動のうちリスクが「低」または「中低」に当たる51%の事業は、投資の許認可申請や発行手続きをオンラインで一本化する「オンライン・シングル・サブミッション(OSS)」システムで手続きを完了できるようになる。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:少し前、特定のメーカー…(08/02)

緊急活動制限発動から1カ月 ジャワ島外での感染拡大を懸念(08/02)

自動運転車、高速道で5年以内に試験実施(08/02)

ライオンエア、従業員約8千人を自宅待機に(08/02)

首都MRTの利用者激減、1日平均4450人(08/02)

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(08/02)

石化最大手、タイ2社から13億ドル出資(08/02)

三菱インドネシア販売台数、グループ最多(08/02)

現代自子会社が酸素生産へ、コロナ支援で(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン