• 印刷する

トヨタ、「イノーバ」の改良モデル投入

トヨタ自動車の現地法人フィリピントヨタ自動車(TMP)は20日、多目的車(MPV)「イノーバ」の改良モデルを発売すると発表した。売れ筋車種を改良することで、新たな顧客獲得を目指す。

改良モデルはフロントグリルやバンパーの形状を刷新したほか、発光ダイオード(LED)式のヘッドランプとフォグランプなどを搭載した。排気量は2800ccで、6グレードを用意。価格は118万6,000ペソ(約258万円)からとなる。ラグナ州サンタロサの工場で生産して販売する。

フィリピントヨタ自動車は多目的車「イノーバ」の改良モデルを投入する(同社提供)

フィリピントヨタ自動車は多目的車「イノーバ」の改良モデルを投入する(同社提供)


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(04/18)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン