• 印刷する

テイクオフ:当地で新型コロナの新規…

当地で新型コロナの新規感染者数が少なくなっている要因のひとつは、政府による徹底した感染対策だ。外出時のマスクの着用義務は昨年4月半ばから始まり、同時期にレストランでの飲食が一時禁止され、今は制限が緩和されているものの、1グループ当たり8人までとなっている。

違反した個人や企業に対して当局は、メディアを通じて処分内容を公表し、時には個人名、会社名も出す。外国人であればビザ(査証)の剥奪を容赦なく行っているから注意が必要だ。最も多い違反のパターンが人数制限を超えた集まりで、個人はもちろん、レストランなどに対しても営業停止などの重い処分を下す。

先日オフィス勤務した際には、ランチタイムに明らかに会社の同僚と思われる20人近くの集団に出くわした。通報されれば間違いなく罰せられるだろうと思いつつ、その場を後にした。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸出額、単月として過去最高 3月は12%増、非電子が好調(04/16)

不動産投資、年内にコロナ禍前の水準に(04/16)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(04/16)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/16)

車両購入権の割り当て、5~7月は9%減(04/16)

新規感染34人、市中は2人(16日)(04/16)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(04/16)

WP保有者の入国困難、政府が感染対策徹底(04/16)

資源パビリオン、環境に配慮したLNG輸入(04/16)

グラブが隣国民放に出資、決済2社統合か(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン