• 印刷する

ジョ州国境鉄道、駅舎コンペの最優秀賞発表

最優秀賞に決定したチン氏のブキチャガー駅舎デザイン案(MRTコープ提供)

最優秀賞に決定したチン氏のブキチャガー駅舎デザイン案(MRTコープ提供)

マレーシア財務省傘下で、マレー半島最南端のジョホール州とシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)の事業主体であるMRTコープは19日、マレーシア側の発着駅となるブキチャガーの駅舎デザインコンペで、建築家チン・イーチョン氏の案を最優秀賞に決定したと発表した。賞金は25万リンギ(約651万円)。

チン氏は建築事務所SMアーキテクツに所属。コンペでは「二つの統合(The Integration of Two)」と題したデザイン案を提出した。MRTコープのザリフ・ハシム最高経営責任者(CEO)は、「ジョホールバルを象徴する建物となるだけでなく、世界の代表的な鉄道駅の一つともなる」と述べた。

ブキチャガーの駅舎デザインコンペでは、昨年11月23日から今年1月25日までの約2カ月間にわたって案を公募。計91件の応募があり、うち10件が最終審査に残った。

コンペはジョホール州のイブラヒム州王が発案し、MRTコープとマレーシア建築家協会(PAM)が共同で主催した。

RTSはブキチャガーとシンガポールのウッドランズ間の約4キロメートルを6分で結ぶ計画で、昨年11月22日に着工式を開催。建設はMRTコープの完全子会社マレーシア・ラピッド・トランジット・システムが担い、26年の完工を目指している。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

デジタル人材の給与上向きか 22年は2%上昇、業界団体が予測(10/15)

新規感染8084人、5日ぶり8千人台(10/15)

RM1=27.3円、$1=RM4.15(14日)(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

ブースター接種が開始、高齢者などを対象(10/15)

外国人のワクチン接種、約300万人に(10/15)

ビジネス目的の入国、1年で1120社が申請(10/15)

建設業者など、貿産省への操業申請が不要に(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン