• 印刷する

〔セブ通信〕不動産大手、複合高層ビルを建設

フィリピンの中部セブ市を本拠とする不動産大手セブ・ランドマスターズ(CLI)は19日、同市に複合高層ビル「マスターズ・タワー・セブ」を建設すると発表した。事業規模は40億ペソ(約87億円)以上で、2021年6月までの着工、25年の完成を予定している。

ビルの高さは172メートルで、市内の中央商業地区(CBD)「セブ・ビジネス・パーク」内にある2,840平方メートルの敷地に建設する。仏アコーが展開する「ソフィテル」ブランドの5つ星ホテル「ソフィテル・セブ・シティ」とオフィス、商業施設が入居する。

CLIは、新型コロナウイルス禍に直面する中でも、20年は2桁成長を達成した。向こう数年で景気回復やセブを訪れる外国人観光客の増加が見込めるとして、プロジェクトの実施を決めた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンに関する知識…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

最低賃金、各地で引き上げ 首都圏は33ペソ、一段の物価高も(05/23)

岸田首相、マルコス氏と電話会談(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

〔ミ島通信〕マラウイ市に住宅提供、日本支援(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

サル痘で入国制限は不要、政府専門家(05/23)

北ルソン高速道、延伸5キロを年内完成(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン