食料雑貨ECが2倍に 今後も年50%成長、コスト力強み

インドの電子商取引(EC)による食料雑貨の1カ月当たりの総取引額(GMV)は、新型コロナウイルス感染症の流行後に2倍に拡大した。インターネットやスマートフォンの普及、新興企業による利便性の高いECサービスの提供により今後も年率53%で成長し、2025年には年間の総取…

関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

UAEが印からの入国禁止、25日から10日間(16:39)

インド人労働者不足に懸念、入国規制強化で(15:49)

第2波で二輪販売が急減速 中小都市に感染波及で打撃拡大(04/23)

二輪ヒーロー、電動化で台湾ゴゴロと提携(04/23)

インドからの入国厳格化、23日深夜から(04/23)

電動車の販売比、過去最高も1%に満たず(04/23)

クボタ、販売子会社に建設機械部門を新設(04/23)

マヒンドラ、トラクター工場の新設を計画(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン