労働者ら500人、アスベスト関連疾患の危機

ラオスのブンコーン保健相は18日、工場などで石綿(アスベスト)の利用が続いた場合、向こう10年で労働者ら500人以上が石綿肺など、アスベストが原因の疾患を発症する恐れがあるとの見解を示した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が19日伝えた。 ブンコーン保健相によると、ラオ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

23~26日の感染866人、累計4985人(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

J&J製ワクチン、間もなく接種開始へ(07/26)

22日は256人、新型コロナ感染(07/23)

制限再び、狂う回復シナリオ 東南ア、コロナ急拡大(下)(07/22)

21日は153人、新型コロナ感染(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン