【グラフでみるASEAN】輸出額(12月) 5カ国でプラス、ベトナムは23%増

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2020年12月の輸出額は、主要6カ国中5カ国で前年同月を上回った。シンガポールやタイがプラス成長に転じた一方、フィリピンがマイナス成長に沈んだ。ベトナムは引き続き好調で、前年同月比23%増の276億5,300万米ドル(約2兆9,000億円)。米ド…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

4日深夜から入国規制強化、オミクロン株警戒で(12/03)

10月の小売業売上高、2カ月連続プラス(12/04)

新規感染766人、5日ぶり低水準(3日)(12/04)

新規感染1101人、死者は9人(2日)(12/03)

中国製ワクチン接種者、年内の追加接種要請(12/04)

配車サービス大手グラブ、ナスダックに上場(12/04)

11月の製造業PMI、好況水準も軟調傾向(12/04)

双方向重視、日本の目利きも 食品卸アングリスの挑戦(下)(12/03)

セムコープ、中国で再生エネの資産取得(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン