【グラフでみるASEAN】輸出額(12月) 5カ国でプラス、ベトナムは23%増

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2020年12月の輸出額は、主要6カ国中5カ国で前年同月を上回った。シンガポールやタイがプラス成長に転じた一方、フィリピンがマイナス成長に沈んだ。ベトナムは引き続き好調で、前年同月比23%増の276億5,300万米ドル(約2兆9,000億円)。米ド…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

輸出額、単月として過去最高 3月は12%増、非電子が好調(04/16)

不動産投資、年内にコロナ禍前の水準に(04/16)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(04/16)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/16)

車両購入権の割り当て、5~7月は9%減(04/16)

新規感染34人、市中は2人(16日)(04/16)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(04/16)

WP保有者の入国困難、政府が感染対策徹底(04/16)

資源パビリオン、環境に配慮したLNG輸入(04/16)

グラブが隣国民放に出資、決済2社統合か(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン