東南アジアのデジタル包摂 年1.5兆円規模の経済効果も

東南アジアで、誰もが情報通信技術(ICT)を活用できるようにする「デジタルインクルージョン(包摂)」が進みつつある。ドイツの経営戦略コンサルティング大手ローランド・ベルガーの報告書によると、域内は世界平均と比べてデジタル格差は大きいが、デジタルツールの手に入り…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス禍に…(01/27)

21年の設備投資118億Sドル 3割減も半導体・バイオは好調(01/27)

製造業生産高指数、21年は13%上昇(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

インドネシアに92億ドル投資、再生エネなど(01/27)

住宅との複合、工業団地開発の主流に(01/27)

UOB銀行、中国法人に20億元注入(01/27)

新規感染5996人、前日から2倍に(25日)(01/27)

【人財羅針盤】第184回 2022年の昇給率について(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン