大気汚染、焼き畑の改善必至 国連調査、影響は車の排ガス以上

タイでは例年乾期に入る10月半ばごろから悪化する傾向にある大気汚染について、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)がこのほど調査し、焼き畑と森林火災が主因だとの結果をまとめた。首都バンコクなどでも自動車の排ガス以上に焼き畑の影響が大きいとして改善の必要性を…

関連国・地域: タイ
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者の帰省支援、東北部から開始(07/27)

感染者1.4万人、11日連続で1万人超(27日)(07/27)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

【グラフでみるASEAN】輸出額(5月)5カ国で2桁のプラス成長(07/28)

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン