• 印刷する

豪アマゾン、20年度の売上高10億$突破

米オンライン小売り大手アマゾン・コムのオーストラリア子会社、アマゾン・オーストラリア(豪アマゾン)の2020年度(暦年)の売上高が11億2,000万豪ドル(約908億円)となり、前年度の5億6,210万豪ドルからほぼ2倍に伸びたことが分かった。新型コロナウイルスの感染流行を背景に消費者や小売業者の間でオンラインショッピングへの移行が加速したことが売り上げを押し上げた。9日付地元各紙が報じた。

売上高は10億豪ドルの大台を突破したものの、マーケティング費用や人件費などの増加により、20年度は380万豪ドルの損失を計上。損失額は19年度の470万豪ドルから縮小した。20年度の法人税の支払い額は1,110万豪ドルで、前年の250万豪ドルから増加している。

オーストラリアでは昨年、新型コロナの影響でオンライン販売に特化した豪アマゾンやコーガン・ドットコム(Kogan.com)、家具・ホームウエアのオンライン販売を手掛けるテンプル・アンド・ウェブスター(TPW)の売上高が2倍以上に膨らんだ。小売り支出全体に占めるオンライン購入の割合は17年に5%だったが、現在は約11%に上昇。消費者によるオンラインへの移行に追いつくため、これまで店舗販売をしてきた既存の小売会社もオンライン化に多額の投資を進めている状況だ。

■3年前の市場予測には届かず

17年12月にアマゾンがオーストラリア進出を果たした当初、アナリストの多くは豪アマゾンの売上高が20年までに35億~40億豪ドルに達すると予想していたが、実際にはこれを大きく下回る結果となった。

しかし金融UBSは、豪アマゾンが配送センターの拡張計画を進めていることから、23年までに売上高が40億豪ドルを超えると予想している。豪アマゾンは昨年9月にブリスベンに国内で4カ所目となる配送センターを開設したほか、現在はシドニーで5億豪ドルを投じて自動配送センターの建設を進めている。

UBSが実施した調査では、回答者の38%が昨年に豪アマゾンで買い物をしたと答え、この割合は18年の22%、19年の25%から順調に伸びている。また、回答者の50%が、再び豪アマゾンで買い物をする可能性が高いと答えたという。


関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで今週、新型コ…(10/15)

豪9月の失業率4.6%、小幅悪化 ロックダウンが足かせ(10/15)

豪の若者、キャリア見通しは楽観も職種再考(10/15)

NSWきょう規制緩和発表か、金券追加配布も(10/15)

NSW州政府、屋外飲食エリアの拡大を支援(10/15)

〔オセアニアン事件簿〕日本人女性、シドニーで飛び降り自殺か(10/15)

VIC感染2千人突破、規制緩和は予定通り(10/15)

豪のバイオ企、コロナ治療薬試験で資金調達(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン