• 印刷する

テイクオフ:春節(旧正月)前の風物…

春節(旧正月)前の風物詩、恒例の「花市(フラワーマーケット)」が6日、香港域内の15カ所で始まった。とはいえ、新型コロナウイルス流行による感染リスクを理由に政府が中止を発表、その後花卉(かき)業者らの批判を浴びて撤回するなど、すったもんだの末の開催だ。

当日、香港島中心部の公園に設けられた花市の様子を見に行くと、人数規制が導入され、入り口付近では体温チェックなどで列をつくる市民の姿が。ブースは公園の両端に設置され、物販エリアがなくなった昨年以上に往年のにぎわいがなかった。

一方、当方の近所では個人営業の八百屋なども、今年は春節用の花卉を多めに陳列し、地元客の呼び込みに余念がない。キンカンの小さな植木などを見つめる市民の目からは春節の待ち遠しさが伝わってくる。マスクで表情はうかがえないが、それだけは変わらず確かなようだ。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長崎市の松が枝国際ター…(05/25)

入境規制6月末まで緩和なし 返還記念日に向け、流入に警戒(05/25)

往来正常化は本土も海外も、香港総商会(05/25)

4月CPIは1.3%上昇、伸び幅0.4P縮小(05/25)

新たに250人感染、前日から60人増加(05/25)

続落、ハンセン指数は1.7%安=香港株式(05/25)

アディダスとグッチのコラボ店、羅素街に(05/25)

白石角の大規模分譲住宅、中古より割安(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン