スー・チー氏拘束は長期化=工藤年博教授

【共同】政策研究大学院大の工藤年博教授(ミャンマー地域研究)の話 ミャンマー国軍がクーデターに踏み切ったのは、総選挙の大敗で危機感を強めたことが直接のきっかけだ。だが、その背景にはアウン・サン・スー・チー氏とミン・アウン・フライン総司令官の関係が近年冷え込んで…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

印アダニが港湾開発撤退へ 来春結論、軍系からリースと非難(10/29)

韓国ポスコ、シュエガス田開発への投資継続(10/29)

米中対立に相次ぎ懸念表明、ASEAN各国(10/29)

新規感染1千人、ヤンゴンなど外出自粛解除(10/29)

ロシア訪問団、軍政閣僚らと経済協力で協議(10/29)

民主派、10億ドル相当の「革命国債」発行へ(10/29)

パーム油価格、1カ月で1割下落(10/29)

中部で行政官40人辞任、武装市民の警告受け(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン