• 印刷する

RCEPの履行準備、85%整ったと国務院

中国国務院(中央政府)は3日、日中を含む15カ国が昨年11月に署名した「地域的な包括的経済連携(RCEP)」の発効に向けた国内手続きについて、協定に定められた701項目に及ぶ履行義務の85%は対応準備が整ったと明らかにした。このうち、協定に対する司法審査と、物品貿易の関税減免の実施計画策定は既に完了したという。

李克強首相が主宰する常務会議で報告された。会議では今後の国内作業について「チャンスをつかみ、チャレンジに対応する必要がある」として、早急に国内の関連法規や政策に協定の内容を反映させることや、小規模零細企業に協定の内容と関連実務を周知していくことなどを確認した。

会議ではこのほか、中国では企業の市場参入に比べて市場退出が難しいと指摘されている問題の解決を図る方針を示した。企業登記の簡易抹消制度を整備するなど、特に中小零細企業の清算手続きを加速するための政策を推進する。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

人民銀がLPR据え置き、12カ月連続(14:55)

テイクオフ:上海モーターショーが開…(04/20)

EUがインド太平洋戦略、中国にらみ初策定へ(04/20)

日系が新型EVを世界初披露 上海モーターショー開幕(04/20)

原発の発電設備容量、30年に2倍以上に(04/20)

風力・太陽光の電力消費、今年11%目標に(04/20)

民間ワクチン、4月第4週に到着予定(04/20)

興勤電子、中台で生産能力増強方針(04/20)

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン