ペガトロン、タミルナド州での投資が決定

台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手ペガトロン(和碩聯合科技)は、携帯電話の生産を目的にインド南部タミルナド州で110億ルピー(約160億円)を投資する。ペガトロンが同州で投資を実施するとの観測は、昨年後半から報じられてきたが、州政府が1月29日に改めて発表し…

関連国・地域: 台湾インド米国
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの炊き込みご飯「…(05/11)

30州が封鎖を実施 全土での実施を求める声、高まる(05/11)

市中感染1622人、初のインド型変異株(10日)(05/11)

ハリヤナ州の封鎖、17日の早朝まで延長(05/11)

タミルナド外出禁止、自動車など生産調整(05/11)

改革区切り、法人向け強化急ぐ=パナ(05/11)

ヤマハ発、5月末まで2工場停止(05/11)

二輪ヒーロー、操業停止を16日まで延長(05/11)

感染第2波、自動車販売への打撃大きく(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン