• 印刷する

テイクオフ:タイでの新型コロナの第…

タイでの新型コロナの第2波は、バンコク西郊サムットサコン県の水産市場から始まり、いまでも続いている。地元メディアによると、同県の住民の中には差別されたり、からかわれたりしている人がいる。昨年の第1波では中国人や海外から帰国したタイ人が対象となっていた。

世界保健機関(WHO)はコロナと特定の集団を差別的に関連付けることを「社会的スティグマ」と呼んでいる。社会的スティグマは、社会の一体性を徐々に弱体化させ、その集団を孤立させるため、結果的に感染症の流行を抑え込みづらくさせるという。

タイではいま第2波を封じ込められるかどうかの状況であり、社会的スティグマにも真剣に対処しなければならない。タイ人は昔から他人を楽しませるためにからかった後に冗談だと言うことが多い。この手の冗談が語弊を招くなら、ここから改めるべきだろう。(ワ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近気温の明らかな変化…(03/02)

タイの投資、小売りで存在感 生鮮からスポーツまで幅広い業態(03/02)

小売りセントラル、20年は97%減益(03/02)

HIS、日系アウトドア用品の旗艦店を開業(03/02)

タイ国境貿易、今年は6%増に回復見通し(03/02)

BMW、高性能Mの現地組立モデルを販売(03/02)

アウディ販社、ドゥカティの販売代理店に(03/02)

東電子会社、地下変電所建設のコンサル受注(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン