• 印刷する

ANA、成田便運休を10月30日まで継続

全日本空輸(ANA)は26日、インドネシアの首都ジャカルタと成田空港を結ぶ直行便の運休を10月30日まで継続すると発表した。ANAは25日、3月28日から羽田―ジャカルタ便を増便するのに伴い、成田便を4月18日まで運休すると発表したばかり。

ANAが策定した「2021年度国際線航空輸送事業計画」によると、成田―ジャカルタ路線を含む16路線を運休し、3路線を減便する。今後の需要に応じて、臨時便を含めた復便については柔軟に対応するとしている。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夕方、スーパーマーケッ…(03/02)

2割が高度デジタル技能習得 6カ国最多、さらなる先端技術へ(03/02)

国内感染の発表から1年 新型コロナ下の動向を振り返る(03/02)

2月消費者物価指数、前年同月比で鈍化続く(03/02)

酒造産業への規制緩和、投資を拡大=専門家(03/02)

奢侈税減免対象は21車種、2社の新モデルも(03/02)

地元インフルエンサーと衣料品をEC販売(03/02)

トラベルバブル、日本を含む複数国に適用も(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン