• 印刷する

日本政府、コロナ対策の医療機材を供与

日本政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策に使う医療廃棄物処理装置など機材一式を、ミャンマー保健・スポーツ省に引き渡した。518万米ドル(約5億4,000万円)相当の無償資金協力の一環で、機材は国立保健研究所や各地の国立病院などで使用される。

日本が供与したのは、医療廃棄物処理装置10台、遠心分離機3台、滅菌機4台。在ミャンマー日本大使館の田公和幸参事官から、国立保健研究所のテイ・テイ・ティン局次長に引き渡された。機材一式は、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じて調達された。

今回の機材引き渡しは、日本政府が国連機関と連携して医療機材を供与する無償資金協力の一部となる。これまでに、全自動PCR検査機やPCR検査キット、医療施設用発電機などが供与されてきた。今後は、救急車や移動式X線装置などを引き渡す予定だ。

日本大使館の田公参事官(右)から、医療機材一式の引き渡しを受ける国立保健研究所のテイ・テイ・ティン氏(在ミャンマー日本大使館提供)

日本大使館の田公参事官(右)から、医療機材一式の引き渡しを受ける国立保健研究所のテイ・テイ・ティン氏(在ミャンマー日本大使館提供)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

国軍包囲網築けず、対立激化 死者50人超、都市部は小売店閉鎖(03/05)

デモ38人死亡、クーデター後最多に(03/05)

5日に国連緊急会合、特使が中ロ協力に期待(03/05)

EU、ミャンマーの開発計画支援を中止(03/05)

EU、市民への銃撃「明確な国際法違反」(03/05)

中国、ミャンマー非難せず=外務副報道局長(03/05)

元国連専門家ら、ミャンマー支援組織を結成(03/05)

日本独自の役割果たす、会見で加藤官房長官(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン