• 印刷する

テイクオフ:出生率5.8なんて聞く…

出生率5.8なんて聞くと、別世界のできごとのように思えるほど少子化が進む台湾だが、実はこの値、当方の台湾人の義父が生まれた約60年前の台湾の出生率。ちなみに同時期の日本の出生率は約2.0で、台湾人の若者は同世代の日本人に比べおじ、おばが多い傾向にある。

台湾人の若者は幼少期に両親が忙しくても、おじやおばと遊び、寂しい思いをしないで済んだかもしれない。その面では、うらやましい限りなのだが、結婚適齢期に入るとどうだろうか。親戚の集まりで事あるごとに「まだ結婚しないの」と聞いてくる煩わしいおじ、おばも日本に比べはるかに多いのだ。

今年も間もなく春節(旧正月)だが、台湾に来てから新年の親戚の集まりが好きという若者に会ったことはほぼない。おじおば軍団の数の理論に基づくおせっかいが、若者を春節の家族だんらんから遠ざけているのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ギョク太、テスラのサプライヤー入り認める(02/26)

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

慧栄が竹北で新本部ビル着工、24年に運用(02/26)

聯電が環境用途の社債発行、同社初(02/26)

1月のスマホ販売54万台、前月比2.5%減(02/26)

鴻海、米フィスカーとEV生産で覚書(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン