軍系野党議員、初国会ボイコットの懸念

ミャンマーの国軍系野党・連邦団結発展党(USDP)議員らが、2月1日に召集される総選挙後初の国会をボイコットするとの臆測が飛んでいる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が25日伝えた。 同党は、2020年11月に実施された総選挙で不正投票があったとして、結果の受け入れを拒…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(09:15)

国軍包囲網築けず、対立激化 死者50人超、都市部は小売店閉鎖(03/05)

デモ38人死亡、クーデター後最多に(03/05)

5日に国連緊急会合、特使が中ロ協力に期待(03/05)

EU、ミャンマーの開発計画支援を中止(03/05)

EU、市民への銃撃「明確な国際法違反」(03/05)

中国、ミャンマー非難せず=外務副報道局長(03/05)

元国連専門家ら、ミャンマー支援組織を結成(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン