ミャンマーと越経済に10年の差 工業団地の整備で投資誘致に明暗

「ミャンマーとベトナム経済には、約10年の差がある」。大和総研は今月に発表した報告書で、こう指摘した。ベトナムが工業団地をはじめとしたインフラ整備や税制優遇によって過去数年で飛躍した一方、「ポストベトナム」をにらむ新興後発国のミャンマーは手探りが続く。同社の佐藤…

関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: 繊維その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム航空、バンドン路線を3日から再開(17:58)

市中感染、10省市で14日間出ず 各地で行動制限を緩和も残る不安(03/01)

2月の輸出、4.7%減の200億ドル(03/01)

2月のCPI上昇率0.70%、前月より加速(03/01)

2月の鉱工業生産指数、7%低下(03/01)

ハイフォン市、向こう5年で橋100本建設へ(03/01)

CEN、不動産取得に1.3兆ドン借入れへ(03/01)

伊の資源大手、クアンチ省でガス施設検討中(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン