電子マネーカード決済に加盟店手数料導入へ

インドネシアの中央銀行は21日、消費者がICチップ付き電子マネーカードを利用して決済した場合に、加盟店が決済サービス会社に支払う手数料(加盟店手数料=MDR)を3月1日から導入すると発表した。22日のニュースサイト『デティックコム』などによると、手数料は決済額の0.…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

道路公団、全サービスエリアに充電所設置へ(16:54)

テイクオフ:インドネシアを離れ帰国…(03/09)

小規模行動規制、2週間延長 ジャワとバリ以外3州に適用拡大(03/09)

コカコーラ、25年に再生可能な容器生産へ(03/09)

第2チカンペック高速、来年3月に一部完工(03/09)

マスピオン、UAE港湾管理会社と合弁設立(03/09)

ガルーダ航空、スラバヤ―香港の貨物便就航(03/09)

シナールマス、首都近郊に鉄道駅を共同建設(03/09)

パーム油、スイスへの低関税輸出が可能に(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン