テスラ、価格ネックで拡販は数年先の見通し

米電気自動車(EV)大手テスラのインド展開に厳しい見方が浮上している。7万米ドル(約730万円)前後とされる価格がネックとなり、向こう5年は年間販売が50~100台にとどまると自動車関連の市場調査会社LMCオートモティブは指摘する。ロイター通信が22日に伝えた。 今月初…

関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:農業新法に反対する農家…(03/01)

対インド貿易額、昨年は26%減の1.9億ドル(03/01)

10~12月GDP0.4%増 3四半期ぶりプラス、制限緩和で(03/01)

商船三井、LPG河川輸送で政府と覚書(03/01)

マルチスズキの輸出台数、200万台に到達(03/01)

電動三輪オメガ、10億ルピーでダッカに工場(03/01)

イートリオ、貨物用電動三輪のリース開始(03/01)

道路相が車部品国産化要請、関税上げも示唆(03/01)

主要8業種生産、1月は0.1%上昇(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン