• 印刷する

関東化学の台湾子会社、桃園に本部ビル

試薬大手の関東化学(東京都中央区)の台湾子会社、関東キン林科技(キン=金が3つ)は22日、桃園市で本部ビルを着工した。投資額は10億台湾元(約37億円)で、2023年に完工する予定。

本部ビルは地下3階、地上9階建て。桃園機場捷運(桃園空港MRT)山鼻駅(A10)そばの再開発エリアに設け、自社工場の近くに位置する。関東キン林の呂志鵬董事長は「本部ビルは関東化学グループの半導体用製品のグローバル研究開発(R&D)・運営センターになる」と説明した。

関東キン林は04年、1カ所目となる工場を桃園市蘆竹区に開設。桃園ではこれまでに20億元以上を投資した。

関東キン林は、ファウンドリー(半導体の受託製造)世界大手、台湾積体電路製造(TSMC)の「優良サプライヤー」に2年連続で選ばれている。呂董事長は「TSMCとともに米国に投資を行い、半導体のナショナルチームを形成する」と表明した。


関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: 化学建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:医療用ウィッグのために…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

台湾の長栄航空、プノンペン便の運航再開(03/08)

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/08)

南電、今年の資本的支出80億元超に(03/08)

台湾サムスン、セブンにディスプレー供給(03/08)

威剛、DRAM価格の上昇幅拡大へ(03/08)

ラーガンの2月売上高、直近2年で最低(03/08)

立積、WiFi6向けFEMの出荷増へ(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン